資格の更新について

【認定更新条件】

5年毎に更新する。認定の更新に際して、認定資格取得後5年間のうち2年以上は所属施設で実地の糖尿病療養支援活動に従事し、最低30単位の研修単位を習得すること。そのうち20単位以上は当認定機構が認定する認定更新のための研修会(各2単位)もしくは認定機構が開催する年次講演会(年1回実施、5単位)もしくは認定機構が開催する年次講演会(年1回実施、4単位)で取得すること。認定機構の所定の方法で受験を申し込む。

以下に、出席することにより単位が取得できる研修会、ならびにその他の単位取得方法を示す。

① 当認定機構が認定する認定更新のための研修会:2単位

② 認定機構が開催する基礎講習会(年1回実施):5単位

③ 認定機構が開催する年次講演会(年1回実施):4単位

④ 日本糖尿病学会年次学術集会および地方会、糖尿病学の進歩、日本糖尿病教育・看護学会年次集会、日本病態栄養学会年次集会、日本糖尿病眼学会、日本糖尿病合併症学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本糖尿病療養指導学術集会、日本くすりと糖尿病学会学術集会、日本歯科医師会糖尿病合併症研修会、日本糖尿病情報学会年次学術集会、日本糖尿病理学療法学会、日本糖尿病医療学学会、小児糖尿病サマーキャンプ:5単位(発表者には+2単位)

 

出産・転勤・長期出張・介護などで更新が不可能な場合、その理由を証明する書類の提出を認定委員会に提出することにより、認定期間の延長を申請することができる。ただし、延長期間は2年までとする。

 

【認定更新申請】

認定更新を希望する者は定められた期日までに下記の申請書類に更新料を添えて当認定機構に提出する。

① 認定更新申請書(所定の書式による)

② 当認定機構が開催する研修会、講習会、講演会の受講修了証

③ その他の単位取得対象となる学会の参加証または参加費領収書(写し)

④ 糖尿病療養支援活動に関する所属施設の証明書(所定の書式による)

⑤ 当認定機構の更新手数料の振込領収書(写し)

⑥ 日本糖尿病協会会員であることの証明書(年会費納入証明書の写しなど)

 

 

更新において、日本糖尿病療養指導士または糖尿病看護認定看護師の資格の有無、学会での発表の有無は問わない。